サカナノナカサ

サカナノナカサ

  • 西 (バーテンダー)
  • 学生
  • OL
  • サカナ

小さなbar。ローライトの店内。レトロな雰囲気でまとまっている。

赤い金魚が一匹、水槽にゆれている。

店員がひとり、お客が三人座っている。

Aが店員相手にずっとしゃべっている。どうやら恋バナ?らしい。

スーツ姿の女が席を立った。

西   あ、ありがとうございます。

OL  ごちそうさまです。

西   お連れ様大丈夫ですか?タクシー呼びましょうか?

OL  え?

(伊東が寝ている)

OL  いえ、あの、ごめんなさい知らない方です。

西   あ!すみません。失礼しました。

(西がお会計をしようとする)

OL  こちらの方大丈夫ですか?

(トントン)大丈夫ですかー?

(伊東おきない)

西   どうしましょう。

A   ねー西さーん。このラインどう思うー?

西   はい。

(西、OLの方を気にする。OLどうぞどうぞとジェスチャー)

A   彼氏がさぁ一緒に暮らそうって言うのー。どう思うー??

西   素敵じゃないですか。

OL  あ、モヒートください。

西   お時間大丈夫ですか?

A   無理だと思うんだー。ただでさえケンカばっかりなのにー。

一緒に暮らしたら毎日けんかになっちゃうよー。

西   そうなんですか?

A   会社の人がさぁ、最近すごくライン送ってくるのー。

気になるんだって。わたしのこと。そんな風に言われたらさー、私も気になっちゃうよねー。

西   どうぞ、モヒートです。

その会社の方は彼氏さんいるの知ってるんですか?

A   うーん。知ってるんじゃないかなー?私からは話してないけどー。

西   なんかいいですね。そういうの。私はもうメアドも聞かれないです。

A   えー、お客さんから口説かれたりしないのー??

西   しないですね。うち女性のお客様ばかりですし。

A   へー

西   何か飲まれますか?

A   えーっとねー、うーん、なんかさっぱりしたのくださいー。

西   はーい。

A   おねーさん。おねーさん。

OL  ?はい。

A   お仕事なにしてる人?スーツかっこいいね、プラダでしょー?それー。

OL  あー、はい。会社勤めです。

A   でもOLさんって感じじゃないなー。あ!えらい人でしょ!OLさん?

OL  そんなかんじです。

A   こんな時間まで飲んでいいのー?あした遅刻しちゃううんじゃない?

OL  明日からしばらくお休みなんです。

A   そっかー。お休みなんだー。そうだよねー。じゃなきゃこんな時間まで飲んでないかー。

OL  ですね。

A   どんな仕事してるの?

OL  OLです。

A   オフィスレディですかー。素敵ですなー。

OL  お仕事は何をされてるんですか?

A   私―?私はねー。何してる人にみえる??

OL  ・・・・・・。

A   ・・・・・・。

OL  あー。はは。ごめんなさい興味ないのに聞いてしまいました。

A   ・・・・・・。

西   そういうことってありますよね。

A   あはははははー。おもしろーい。お姉さん超正直―。

そうなんですよ。人は興味ないのに聞いちゃうんですと。人間の七不思議ですよ!

伊東  ・・・・。

A   あ、おきた。

西   おはようございます。大丈夫ですか?

伊東  ・・・・・・。

西   お水です。

伊東  ・・・・。どうも。(ばしゃり)

A   わっ

OL  大丈夫ですか?

(西がおしぼりを渡す)

伊東  あの。

三人  はい。

伊東  私と一緒に来た人 どこに行きました?

西   わからないんですよ。しばらく戻られていませんよ?

伊東  ・・そうですか。

・・・・・。

A   電話してみたら?だれと来てたの?

伊東  ・・・・。ケイタイ、今止まってるんです。料金払ってなくて・・・。

A   ・・・・・・・。

OL  あっ、でも、ケイタイ止まっててもアドレス帳は見れますよね?よかったら私のケイタイ使って下さい。

伊東  いえ。大丈夫です。

A   だれときてたの?

伊東  ・・・・。先輩です。同じサークルの。

A   あっ、学生さん?若けー。

西   お連れ様、戻って来られるかもしれませんね、もう少し待ってみますか?

伊東  ・・・・・・・。

A   電話してみなよー。

OL  お連れの方、あなたがケイタイ止まってるの知ってるの?

伊東  ・・・。知ってます。ケイタイ止まってて今朝怒られましたから。

A   彼氏だ!

伊東  ・・・・・。違います。女の先輩です。

A   なんで彼氏でもない人がケイタイ止まってるくらいで怒るのよー。

伊東  ・・・。知りません。連絡つかないと怒る人なんです。

鳴ってる電話にでなくても、ライン返さなくても、怒る人っていますよね。私には不思議ですけど。

だって義務じゃないでしょう。ケイタイを持つことも連絡を返すことも。

OL  義務じゃないけど礼儀だとは思いますよ。

A   あー。怒る人だー。電話とらなくて怒る人だ。

OL  怒らないですか?用事があって電話してるのに無視されたら。

A   怒る人かー。

西   まぁ、いい気はしないですよね。

A   でもわかるかもー、私の彼氏も返信遅いとすぐ怒るー。

西   彼氏さん、心配性なんですね。

A   あー、心配されてるのかなー。なんかさー、そこは信頼してほしいよねー、もうつきあって長いんだからさー。

西   お付き合いされてどのくらいになるんですか?

A   んー、五年くらいかなー。最初はねー、友達の友達だったんだけど、いつのまにかつきあってた。

西   五年なら、そろそろ結婚してもいいんじゃないですか?

A   結婚かー。あ、OLさんは結婚してるの?

OL  えっ、あっ、はい。

A   指輪してるもんねー。どう?結婚してよかった?子供いるの?

OL  結婚、そうですね。よかったと思います。子供は小学生の子が一人います。

西   旦那さんと結婚した決め手はなんだったんですか?

OL  そういう歳だったんです。

A   そういうお年頃ねー。

伊東  歳関係ありますか?

OL  おおいにあります。

伊東  そういうもんですか?お年頃だから結婚するんですか?この人と結婚したいじゃなくて?

OL  結婚するお年頃だからというわけじゃなくて、本能がささやくんです。

結婚しろ、子供を産めって。そういうお年頃があるんです。あ、私の場合はですけど。

A   わかる。わかる気がする。病気みたいなもんだ。

OL  病気みたいなものなんですかね。

A   本能だ。本能寺だ。君にもわかる日が来る。

伊東  私は別にわからなくていいです。

西   彼氏さんと結婚はかんがえてないんですか?

A   考えてもなくないけど、会社で気になる人もいるんだー。彼氏はさー、いい人なんだけどなんかこの人だっ!とは思えなくて。なんか仕事もころころ変えるし、何年も一緒にいるとわかんなくなるんだよねー。ほんとにこの人でいいのかなって思っちゃう。

西   会社の気になる人はどんか方なんですか?

A   最近よくラインするんだけど、すごい優しいの!素朴でまじめなかんじ?結婚するんだったらこういう人がいいんじゃないかなぁって最近すごく思う。

OL  最初はだれでも優しいですよ。

西   彼氏さんと別れるんですか?

A   うーん。わかんない。彼氏は結婚しようって言ってくれてるけど。なんか、今はそんなときじゃない。

伊東  でも、五年も付き合ってそんな時がこなかったら、もうそんな時とやらは来ない気がしますけど。

A   五年ってけっこうあっという間だよ?

伊東  五年って長いと思いますけど。

A   学生の五年と大人の五年はちがうのだよ。

西   よく、恋愛の賞味期限は三年といいますけどね。

OL  なんかあれですね。まるで「ディアフレンズ」みたいですね。

西   「ディアフレンズ」ってなんですか?

伊東  ドラマですよ今やってる。もう終わったかな?

OL  昨日終わりましたよ。

伊東  えー。最終回見逃したー。

A   エリートさんもドラマとか見るんですね。

OL  水曜日はNO残業デーなので毎週見てました。いつも水曜にするドラマだけ見るんです。

観てました?ディアフレンズ

A   んーん、見てない。月9は観てたんだけどなー。

伊東  あっ面白いですよね!私もみてます!山田くんマジかっこいいー!

A   ラストよかったよねー。

伊東  ・・・。もしかして今週の月曜が最終回でした?

A   そうだよー。見てないのー!?

伊東  ・・・・・。絶望だ。

西   皆さん、けっこうドラマ見るんですね。

伊東  もしかしてもしかしてもしかして

今週って最終回ラッシュだった系??

A   だった系だねー。

伊東  ZE・TU・BO・U!てか、じゃあ、じゃあ、

A   何よ

伊東  あぁぁー。今日 木曜ですよね。やばーい。「秘密探偵」見そこねたー。

今日 最終回だったのかなー。あー。なにやってんだ私。

西   ドラマ好きなんですね。

伊東  好きだよ、すきだよ!あたしゃー生粋のドラマーだよ!!!

A   いるよねー。最終回ばっかり見逃す人。

伊東  今週全然家に居なかったからなぁー。

OL  ドラマーはドラマを見る人じゃなくて、ドラムをする人の事だと思いますよ。

A   大学生はいいなー。毎日遊び歩けて。

西   バイトだったんですか?

伊東  ・・・・・・。

バイトはしてないです。親から仕送りもらってるので。まぁ。毎日遊び歩いてるようなもんですが。

ちなみにドラマーと言ったのは、ドラマーとドラマをかけたギャグです。

OL  あっ!そうなんですか?ごめんなさい。あまり若い子と話すのなれてなくて。

A   バイトくらいしなさいよ学生。

伊東  いいですよ。バイト何度かしたんですけど、クビになるんです。だからもう諦めました。

諦めが肝心です。

A   おー。いるよねーすぐクビになる人。なんでクビになるのー??なんでなんでー?

伊東  アホなんです。

OL  そんなことないでしょう?大学まで行けたんだから。

伊東  いえ、アホです。大学も名前を書けば入れるアホ学校です。

小学生が100人いたら私は98人よりアホな自信があります。

A   まてまて、私なんか高校中退だぞー?

伊東  いえ、私の方がアホです。確実に。

A   私の彼氏は九九が言えないよー?

伊東  私も言えません。

OL  いやいや、小学校で勉強したでしょう?

伊東  してません。

OL  しています!九九の授業は全国どこの小学校でもします!

伊東  勉強をしてません。

OL  ・・・・・・・・・・・・。

西   まぁ、大人になってしまうとあまり使いませんよね。私すぐ電卓使っちゃうんです。

OL  TPPってなんの略かわかりますか?

伊東  ・・・。そういう英語の略語はCDしかわかりません。

OL  CDはなんの略語?

伊東  なんの略かは知りません。でもCDがなんなのかは知っています。

A   MDは?

伊東  ??なんですかそれ?

A   うわぁぁぁぁぁ!!ジェネレーションギャップ!!

西   MD知らないんですねー若い子は

OL  国民の三大義務は?

伊東  ・・・・・・・・・・。

三人  ・・・・・・・・・・・・・・・・・。

伊東  あっ!もたない、つくらない、もちこまない。

A   っ!!!!!

OL  違うわ、おしいけど違うの。それはまた別のお話よ。今は義務の話。

伊東  ・・・・・・・・・・・・。

OL  ゆっくり思い出して、知ってるハズよ。

伊東  ・・・・・・・。

西   急に言われると思い出せないですよねー。

A   わかるー!あー知ってたのにー!みたいな!

伊東  ・・・・。

OL  教育・勤労・納税の義務ですよ。

西   なんか懐かしいですねー、小学校の時習った事の復習みたいで。

伊東  知りません。

三人  ・・・・・・・・・。

伊東  初めて聞きました。そんなの。

A   そんなわけないでしょーが!

伊東  そんなわけあるんだから仕方ないじゃないですか!

そんなの変ですよ!

じゃあなんで国民の義務の中に法律を守ることって言うのはないの?

変だ!そんなの!法律は守らなくていの?義務じゃないの??

A   そういわれるとなんでだろうね?

OL  国民の三大義務と呼ばれるものが、法律上のものだからです。

伊東  ・・・?意味が分かりません。

OL  国民の憲法上の義務だからです。

伊東  ・・・・???

A   うーん。法律上に書いてあることの中に教育勤労納税っていう義務があるんだって。

まぁ、法律を守るのが前提ってことなんじゃないかな???

伊東  ふーん。

OL  学校で全然勉強しなかったんですか?

伊東  はい

OL  どうして?

伊東  まぁ、個性は色々ですよ。

OL  個性??

A   そうだねー。得意不得意はあるよー。私も中々のバカだから人の事言えないしー。

伊東  バイトクビになってばっかりですけどね。

三人  ・・・・。

伊東  頭良さそうな人は平社員じゃなさそうですけどね。

三人  ・・・・・・。

西   選ぶ業種によりますよ。

伊東  ・・・・。

A   まぁいいじゃん。なんで今週はドラマ見れないほど遊んでたの?

伊東  男の子と遊んでました。

A   あー!彼氏は居ないって言ってたのにー!

伊東  彼氏じゃないです。

A   彼氏候補??

伊東  違います。彼氏とか別にいらないし。

西   お友達ですか?

伊東  ・・なのかな?

A   えーなんで彼氏いらないの?この時期 人肌恋しくなるじゃんー。隣に誰かいてほしいよねー。

伊東  だから男の子と遊ぶんです。

・・・・。

A   なにそれ?プラトニックな感じじゃない感じ?

伊東  プラトニックな感じじゃない感じ、なんですかね。

A   ない感じ。セフレってやつですかー!最近のやつらはそんな感じなんですかー!セフレとかいちゃうん

ですかー!

伊東  セフレとかじゃないです。

A   じゃぁ一体なんにゃんだぁー!

西   好きな人ですか?

伊東  好きな人じゃないです別に。会ったばっかりの人もいるし、あんまり人の事好きにならないんです。私。

A   ワンナイトラブってやつかー!

伊東  ラブとかじゃないです。好きとかラブとか分かんないし、めんどくさいです。

A   ちなみに、月曜は?

伊東  え。

A   月曜は誰と何してたの?

伊東  何してたっけなー?えーと、あぁそう、同じ大学の人に家においでって言われて。

エッチしました。

A   わわわわわわわ。

伊東  あー、ドラマ見せてもらえばよかったなー。忘れてたなー。

A   じゃあ、じゃあ、火曜日は?

伊東  火曜日は授業なくて、お買いものしてたらイケメンに声かけられて、

あ、私なんでか けっこうナンパされるんです。

ここのビルのすぐそばに新しくできたラブホあるじゃないですかー。そこに行きました。

すごくきれいでしたよ!

A   水曜は!!?

伊東  んー、昨日ですよね、昨日は朝帰ってDVDを一日中見てました。

そしたら大学の友人が来て。

A   月曜にエッチした人?

伊東  違う人です。アポなしで急に来たんですけど、そういうのって けっこう嬉しかったりしますよね。

西   一日中VDV見るってすごいですね。何見たんですか?

A   えー。そこどうでもよくない?

伊東  海外ドラマにはまってて、けっこう面白いですよ!手当たりしだい見てます。

A   DVDじゃなくて性生活について聞こうよ!異文化コミュニケーションしようよ!!

西   昨日食べたごはんを思い出すみたいに話すので面白いですね。

A   いや、本当それ!当たり前みたいに!

伊東  変ですか?

西   若い子はそうなんでしょうかねー。歳のちがいでしょうか。

A   え?そんな感じなの?彼氏とか好きな人じゃなくてもエッチするの?

伊東  どうなんでしょうか?私の友達にはそういう人いないですけど。

A   なんなのそれー。

伊東  なにか変ですか?

西   人それぞれですよね。個性的ですね。

A   個性とかなの?こういうの?

誰とでもエッチしちゃダメなんだよ!

伊東  ・・・・。え、目から鱗。

・・・・・・・。

A   西さん、さっぱりしたカクテルください。

西   あ、はい。

A   えー。どういうこと?どういうことー?

なんなの?にゃんなの!えっ、じゃあ君は今まで誰とでもエッチしてきたの?

伊東  誰とでもじゃないです。好みもあるし。

A   好きじゃなくてもいいの?いままで疑問に思った事ないの?ダメかもって思わなかったの??

伊東  ・・・・。ダメとか誰も教えてくれなかったし知らなかったんだから仕方ないじゃないですか。

・・・・・・・・・・・・・・。

A   君の友達はどこに行ってしまったんだろうねー。

伊東  ・・・。わからないですね。

A   君が怒らせちゃったんじゃないのー?

伊東  ・・・。わからないですね。

OL  ここで寝る前の記憶はあるの?

伊東  ・・。はい。普通にお酒飲んで普通にしゃべってました。

A   うーん。何の話?

伊東  ・・・。・・・。

A   ・・・・。

伊東  とりとめのない話です。

A   君が覚えてる最後の会話は?

伊東  ・・。きのこの山とたけのこの里はどっちがおいしかとか話てました。

A   たけのこでしょうもちろん

西   本当にとりとめのない話ですね。

伊東  はい。

OL  先輩を怒らせちゃうような内容ではないですね。

A   君もたけのこ派でしょ?

伊東  はい、まぁ。

西   急用ができて帰ったとかですかね?

A   一緒に来た人が酔いつぶれてるのに?

西   急ぎだったのかもしれませんよ?

A   ほっといて帰るかなー?せめてお店の人に声くらいかけて帰るでしょう?

OL  やっぱり怒らせちゃったんじゃないですか?

A   キノコタケノコで??

OL  覚えてないでけで、先輩を怒らせることをしたのかもしれないですよ。

先輩の好きな人とエッチした話をペラペラしゃべっちゃたんじゃないですか?

A   恋愛話かー!!ありうる!

OL  ありえる!

西   それはありそうですね。

伊東  ・・・。それは大丈夫だと思います。

A   なんでー?!

伊東  先輩にそういう話しないですから。

A   うーん?そうなの?

伊東  はい。女の子ってなんか僻みっぽいじゃないですか。そういう話に。

A   そうかなー?

伊東  恋バナとかも好きじゃないし。

西   謎は謎のままと言う訳ですね。

A   えー、なんで先輩が消えたのかすごい気になる。

伊東  思い当たる節がないです。

OL  もう帰っちゃえば?

伊東  そういうわけにはいきません。

A   律儀だねー。電話してみなよ。君が発見されてから、かれこれ1時間はた経ってるよ?

伊東  いや、いいです。なんで勝手に帰っちゃった人に私から電話しないといけないんですか。

OL  なら、待つ義理もないよ。帰っちゃえば?

伊東  ・・・・・。お金持ってません。

西   えっ!?

A   なんと!

OL  目から鱗・・。

伊東  だって、先輩がおごるからつきあってって言うから来たんです!お金あったらケイタイ代払ってます!

A   なるほど。

OL  困りましたね・・。

A   ちなみに所持金は?

伊東  はっきり言って0です。ケイタイの支払い用紙持っているので所持金はマイナスです。

A   マイナスかー。

OL  所持金がマイナスって初めて聞きました。

A   ここの支払いもあるからマイナスな上にマイナスだ。

OL  怖い話です。

・・・・。

西   えーと、お支払い、後日でも良いですよ?

A   マスターやさしいねー!

OL  そう言うしかないですよね。

・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・。

A   もう!電話しなよ!電話!

伊東  誰にですか?

A   先輩に決まってんだろーが!!!君が先輩を怒らせた!先輩は帰ってしまった!

だが君はお金がない!支払いができない!!先輩に謝って戻ってきてもらうしかないでしょう!

先輩ごめんなさい!先輩カムバーック!です!!!!

伊東  ・・・・・。いやです。

A   はぁぁ?じゃぁ警察呼ぶか??

西   いや、後日でいいんですよ。

OL  先輩に電話するのが嫌なら、ほかに頼れる人は居ないの??

伊東  ・・・。いないことも無いんですけど、

OL  けど?

伊東  ケイタイ使えないから家に置いてきたんです。電話番号がわからないです。

・・・・・。

A   もう怒る気力もない。

西   あの、本当にお支払い後日でいいですから。

A   だめだよ!西さん!こういうの常習犯かもしれない!

西   まあ、しょうがないですし、困ったときはお互い様ですから。

A   甘いよー!

伊東  なんですか!じゃあ警察よんだらいいじゃないですかー!!

A   ぎゃー!逆ギレだー!

伊東  なんなんですか?じゃぁあなたは、いざレジに行ったらお金が無かったなんて経験ないんですか?

A   なくはないけど

西   誰でも1度や2度はありますよねー。

伊東  私だってそんなつもりなかったのに!先輩に誘われて来ただけなのにー!!

OL  たしかに先輩が一番悪い気がする。

A   じゃぁどうするのよ!

伊東  どうしようかずっと考えてますよ!

西   あの本当に後日でいいですから。

A   よくない!

伊藤  よくないですよ!そんなことしたらこの人に無銭飲食だのなんだの言われるじゃないですかー!!

あぁー!!

OL  まあまあまあ!ゆっくり考えよう!みんなで考えよう!

ね?大丈夫だよ、そんなに結論を急ぐことはないわ。ね?何か飲みましょう。落ち着いて考えたら大丈夫よ。

伊東  ・・・・。

OL  なにのむ?

伊東  お金持ってません。

・・・・・。

西   大丈夫です!みなさん一杯づつ私がおごりますよ。

おすすめ作ってきます。ちょっと待っててくださいね!

・・・・。

OL  本当、君の先輩はどこに行ってしまったのかしらね。

A   その話はもういい。

OL  みんなで考えようってさっき言ったじゃないですか。

A   私は言ってない。なにを話したって解決しない。

伊東  あなたが勝手に入ってきたんぎゃないですか。関係ないのに。

A   この世に自分が関係ない事なんてひとつもないと偉い人が言っていたよ。

伊東  偉い人って誰ですか?

A   関係ないでしょ。

OL  ありますよ。誰の言葉なんですか?

A   忘れたよー、誰でもいいじゃない。いい言葉は誰が言ってもいいでしょう。

OL  誰の言葉かも重要ですよ!それがナイチンゲールの言葉なのかヒトラーの言葉なのかで意味が全然違います。

A   違わないわよ!名言はどんな言葉なのかが大切なのであって、誰が言ったとか関係ない!

伊東  この世に関係ない事なんてないらしいですよ。

A   うるさい!

西   まあまあまあ!落ち着きましょう!どうぞミルクキャラメルです。

A   こいつにこれ以上飲まさないほうがいいですよ。

伊東  酔っ払いは怖いです。

西   アルコール入ってません。どうぞ。

OL  ありがとうございます。

A   スミマセン。

・・・。

伊東  はぁー。あったかい。

OL  ほっとしますね。

A   なにも解決してないですけどね。

・・・・・・・・。

西   まぁ、もう少し待ってみましょう。どうぞゆっくりしていってください。

先輩さんも戻ってくるかもしれないですし。

伊東  そうですね。そうさせてもらいます。

・・・・・・。

・・・・。

西   トゲトゲって知っていますか?

A   知ってます。

西   ・・じゃあいいです。

・・・・。

・・・・・・・・・・・・・。

OL  なんですか?トゲトゲって?

西   私も聞いた話なので詳しくは分からないんですが、トゲトゲというサカナがいるそうなんです。

OL  トゲトゲしているんですね?

西   そうなんです。トゲトゲげしているんです。トゲトゲしたサカナなのでトゲトゲと言うんです。

OL  はい。

西   トゲトゲを発見した人がトゲトゲしているからトゲトゲと名前をつけたんです。

OL  ステキですね。

西   ところがトゲトゲを研究していくうちにトゲトゲの中でもトゲのないトゲトゲが見つかったんです。

OL  なんと!

西   その学者さんはトゲトゲのトゲのない種類のサカナにトゲなしトゲトゲと名付けました。

OL  わかりやすくていいですね。

西   ところが

OL  ところが??

西   トゲなしトゲトゲの中にもトゲのある種類が見つかったんです。

OL  そんな・・・。

西   その人はもちろんトゲなしトゲありトゲトゲと名付けました。

A   なんてことだ!!

OL  悲しい話ですね。

A   人生なにがあるかわかったもんじゃない!

西   きっと、トゲトゲになまえを付けた人はまじめな人だったんです。このサカナを覚えやすくわかりやすく。今は自分が研究しているけど、後に研究する人の為にもシンプルかつ適切な名前と考えてのことだと思うのです。

A   うんうん。

西   ところが、それが仇となり なんとも分かりづらい名前になってしまった。

A   人生とは無常ですね。

西   そうです。

・・・・・。

A   で?

西   こちらの方も

伊東  みさきです。

西   ミサキさんも悪気があったわけではないのです。

・・・・・・・・・。

OL  ・・そうですね。

・・・・・・。

OL  わかりやすい例えです。

・・・・。

・・・・・・・・・。

OL  これおいしいですね。

・・・・。

OL  この水槽キレイですね。

・・・。

西   えっ。あっ、ありがとうございます。

OL  ライトとかキレイですね。

西   ありがとうございます。

・・・・。

・・・・・。

OL  金魚 一匹だけなんですね。

西   この金魚はダーリンが買ってきたんです。この店をオープンした時に。

OL  ん?ダーリン??

A   何かはじまったぞ。

西   この店は、元々ダーリンと二人でオープンしたみせなんです。

OL  ダーリンさんがいるのですね。

西   はい。15年前の話です。

営業の仕事をしていた私は もう仕事がイヤになっていました。入社して一年でみるみる痩せていった私を心配していたダーリンが、もうやめたら?って、二人でのんびりカフェでもしようって言ってくれて。

A   ほうほう。

西   私は貯金が300万ほどありました。フリーターだったダーリンは0でした。

A   ダメ男の香りがぷんぷんする。

西   店を開くときに少し借金したんですけど、オープンしてみるとお店の評判も良く、順調そのものでした。

立地が良かったみたいで素人二人の店ですが黒字続きで借金も予定より早いペースで返していきました。

A   うまくいったんだ!

西   一年ほどしたところダーリンが大きな水槽と一匹の金魚を買ってきたんです。

サカナを飼うのは初めてだから試しに一匹飼ってみて少しづつ種類を増やしたいってダーリンは言っていました。私はそれがなんだかとてもうれしくて。

A   ほほう。

西   その次の日ダーリンはいなくなりました。

A   え!!

伊東  なぜ??

西   わかりません。開店前に炭酸水を買ってくると言って出て行ったきりまだ帰ってきません。

・・・・・。

A   拉致られたんじゃないの?来たのキムさんに。

OL  探さなかったんですか?

西   すぐ帰ってくる気がしていました。フラっと遊びに出かけたりすることもたまにあったので。

でも、

お店が終わる時間になっても帰ってきませんでした。ダーリンに電話しようとしたけど、私のアドレス帳からダーリンのアドレスが消されていました。彼が消したんだと思います。家に帰ると彼の荷物は、ほとんどそのままでした。

ただ、お店名義の通帳がなくなっていました。しばらく帰ってこないんだなと思いました。

OL  えっ、警察は?

西   たぶんダーリンの意思で出て行ったと思うので捜索願は出していません。

OL  じゃなくって!被害届!!お店の通帳持って行っちゃったんでしょう?

西   えっ、でも、お店のお金は元から二人のものみたいな感じでダーリンのものでもあるし・・

A   えーー・・・

西   いいんです。むしろちゃんとお金をもって出ていってくれて安心したんです。ダーリン無計画な人だから。路頭に迷って死んじゃうの心配だし、通帳なくて安心したんです。

それからずっと毎月 彼のお給料をその通帳に入れてるんです。

OL  カレのお給料ってどういう意味??

西   一応、共同経営者ですから。

A   いやいや、何も働いてないし、勝手に出て行った奴に いまだに給料払ってるってこと?

西   はい。

A   15年間??

西   はい。

OL  ちょっと私の理解できる範囲を超えているわ。

西   なぜ何も言わず急に出て行ってしまったのか私にはわからないんです。お店も順調でした。二人の仲も順調だと私は思っていました。荷物もそのまま。なぜ金魚を買ってきたのかもわからない。

何で急に。なんで何も言わずに。どこへ行ったのか。何もらからない。

帰ってくる気がする。捨てられた気もする。でも、待つしかない。気持ち悪いじゃない、わからないままなんて。

あの金魚は、きっと、ダーリンがいない間、私がさみしくないようにダーリンが置いていってくれたんじゃないかと思うんです。この金魚を見ると元気が出るんです。ダーリンの愛そのものだから。

A   は、はぁ。??

西   この金魚はダーリンの愛なんです。

A   そうですか・・・・。

西   そのうち、ひょこっと帰ってくる気がするんです。炭酸水と新しいサカナを持って。

・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

A   うん・・・まあ・・ね?

伊東  えっと、トイレどこですか?

西   あ、そっちはキッチンです!すみません、お店の外にしかないんです。このビルのトイレになるんですけど、ひとつ上の階か二階にしかないんです。

伊東ふらふらと出ていく

西   大丈夫ですか?

伊東  大丈夫です。

西   ひとつ上の階に行ったらエレベーターのすぐ横にあります。

伊東戻ってきてカバンを抱えて出ていく

A   大丈夫かな?吐くんじゃない?フラフラだったよ?

西   ついて行ったほうがいいですかね?(出ていこうとする)

A   まぁ、本人が大丈夫って言うんだからほっとけばよくない?大人なんだし

OL  ・・・。大学生は大人なんでしょうか?

A   大人でしょう?二十歳過ぎてるんだから。

西   人はいつから大人になるんでしょうね。

・・・・・・。

A   西さんは少し不思議ちゃんですよね。

OL  二十歳になったら大人った感じですよね。

西   あ!年金払いはじめたらすごく大人って感じしません?

A   あーたしかに。

OL  年金払ってますかね?

A   えっ払ってないの?はらってるでしょ!

OL  私はもちろん払ってますよ!学生さんです!

学生ってなんか免除?みたいになってたと思うんです。私の時は学生時代払ってなかったから。

A   じゃぁ、あいつも払ってないな!あいつは大人じゃない!年金払ってないし飲み代も払ってない!ヤバイ!

西   ヤバイですかね(笑)

A   あははは!ヤバイやつだ!!

ガタガタとAがOLのカバンを倒す

A   わ!ごめん!

OL  いいですいいです!

A   カバン大きい人ってさ、何がそんなに入ってるの?

OL  え!私ですか?これは会社用なんで・・・。

しばらくお休みなので会社の荷物まとめたら結構かさばっちゃって・・・。

A   何が入ってるの!?

OL  えっと・・(ごそごそ)あ、カーディガンとカイロと

A   カーディガンか!なるほどー。かさばるかさばる!

OL  さむいんですよね、ずっとオフィスにいると、あと仕事用のヒールも入ってました。

A   なるほどなー、着替え系かー。

OL  あとはメイクポーチとサプリポーチと・・

A   わ!ポーチだらけ!旅行いけそう!

OL  私、荷物が多い方なので逆に小さいカバンの人が不思議です。

A   私のカバン、財布と携帯とたばこしか入ってないよ。あとはリップクリームが2本。

OL  メイクポーチは?

A   お化粧直ししないなー。あの学生さんも荷物超多かったよね!何入ってるか聞いてみよう!あんだけ大きいカバンで財布と携帯は持ってないってい言ってたよね!

西   あはは あの子

OL  あれ?あの子遅くないですか?

A   逃げたんじゃない?

OL  ・・・そういえばお金もってないって言ってましたよね?

・・・・。

OL  私 見てきましょうか?

西   いえ、大丈夫です。私行ってきます。

西が出ていく

A   帰らなくて大丈夫なんですか?

OL  ・・・はい。大丈夫です。

A   今日はお子さん旦那さんがみてくれてるんですか?

OL  ・・・私、一人なんです。

A   あれ?結婚してるんでしょ?

OL  はい。今、別居していて・・一人なんです。

もう別れるのは決まってるんですけど、子供のことでもめていて、もう1年くらい別居してるかな。

A   あ、そうなんですね。

OL  私は子供をひきとりたいんですけど、親権がとれなくて

A   そうなんですか?母親のほうが親権取りやすいイメージでした。

OL  私もそう思って安穏とかまえていました。

でも向こうは、すごいやり手の弁護士を用意していて、私が働いた事がないから生活ができないとか、家事放棄していたとか、色々難癖つけてきて。

A   えー、大変そうですね。

OL  私は裁判とかするつもりなかったのに、全部私が悪いみたいに言われて、私も分からなくなって、私が悪いのかもうわからないんです。

A   ・・・・・・。

OL  悪だ悪だって言われると、悪人になってしまうんです。

A   ・・・うん。子供はなんていってるの?

OL  わかりません。全然会わせてもらえなくて、会えても旦那と一緒で少しの時間だけで、なかなか落ち着いて話ができなくて。

A   なんかそれ ひどくない?

OL  本当は私は離婚なんてしたくないんです。でも、もう無理なら、子供と二人で静かに暮らしたいんです。

だから、知人に紹介してもらって仕事もはじめました。一年一人で暮らして生活力だってちゃんとあるのが証明されたはずです!

でも変わりませんでした。親権がとれないんです。

A   ・・・。そもそもなんで離婚することになったの?

OL  わからないんです。ある日急に

A   男はいつも急だね!

OL  急に別れようって、子供は旦那がひきとって実家で面倒見るって。

今まで子供の世話なんて全然してこなかったくせに。こどもが、私が子供の面倒をみているせいで、こどもがバカになるって言いだして

A   なにそれ!自分の子供をバカあつかいかよ!

OL  ・・・。たしかに、みんなに少し着いていけなくて・・今、小学三年生なんですけど、漢字がほとんど読めなくて・・ひらがなも・・・半分くらいしか読めないみたいなんです。

A   え?

OL  私と暮らしていた時、九九が覚えられなくて泣いて帰ってきたことがあって、

私も付きっきりで勉強を教えていたんですけど、もしかしたら、障害があるのかなって思って・・旦那に相談したんです。

たぶん、旦那はそれが気に入らなかったんだと思います。

A   うーん。

OL  私が悪いからだと旦那に言っていました。

私は子供がクラスについていけなくて泣いて過ごすくらいなら、特別学級に入れたかったんです。子供もつらい思いをしていたみたいだったので。

A   ・・・・・。

OL  先生が、ノートをみんなに返すのを うちの子に頼んだんです。でも、あんまり字が読めないから、

名前の読める字を探して、頑張って配ってたんです。

一っていう字が読めて、太一くんのノートだと思って太一くんの机にノートを置いたら、一くんのノートだったみたいで。

それでまわりの子が、うちの子がいじめをしてるって、いじわるで一くんのノートを別の人の机に置いたって言われたみたいで・・・

A   子供は正直だからね、周りの子も悪気があったわけじゃないとおもうよ。

OL  そうなんです。悪気はないんです。むしろ正義感でそう言ったんだと思います。

A   ・・・・・。

OL  でも、やっぱり・・うちの子もつらいんです。読める字を探して一生懸命ノートをくばったんです。

誰も悪くないんです。でもみんなつらいばっかりでしょう?

A   うん。

OL  だったら、特別学級に入って自分に合った勉強をしていくのがいいと思うんです。

A   私もそのほうがいいと思うよ。

だって今クラス分けしてる所多いんでしょう?

OL  それで、学年が上がる時にテストをしてもらったんです、クラス分けの学力テストみたいなのがあって、

A   うん。

OL  そしたら、そのとき、たまたまテストの点が良くて特別学級に入れませんでした。

A   ・・・・。

OL  旦那は、鬼の首を取ったみたいに それみたことかと言わんばかりで。うちの子はやればできるんだって、お前がちゃんと教えないからダメなんだって。

私は何もできないし、母親である意味がないんだって言われました。

私はただ、もう、この子に・・つらい思いをしてほしくなかっただけなのに。

A   ・・・うん。母親である意味はじゅうぶんあると思うよ。

OL  でも親権がとれないんです。

A   なんで?仕事もしてるし、十分ひきとれるだけの、なんていうか、事はあるんじゃないの?むこうの弁護士はそんなにすごいやつなの?あなたもいい弁護士つけたらいいじゃん!

OL  この前、旦那の弁護士から連絡があって、

A   うん。

OL  私が浮気しているのがバレて・・

A   え、何やってんの

OL  そんなつもりはなかったんです。

初めて働き出して、子供をひきとるために必死で働いてたんです。でも、なかなかうまくいかなくて、今まで勉強しかしてこなかったから、全然なにもできなくて。

でも上司の方が色々相談にのってくれて、色々おしえてくれて、

A   その人と?

OL  はい。わたし。だって・・もう旦那とは別れたつもりだったし、純粋にその人の事が好きになって、ただ普通に恋愛をしていただけなのに

A   でも、まだ離婚の裁判中なんでしょ?

OL  その人のことが好きだっただけなんです。

だって勝手過ぎるでしょう?旦那の方から別れるって言ってきたのに、今更わたしが不倫してるって、今までずっと一年間わたしのこと見張ってたの??

A   そうでしょうな。

OL  ずっとずっと私の粗探しばっかりして、私が悪い!、私が悪だって!

一体何なの?なにがしたいの?じゃあなんで私と・・結婚したのよ

A   ・・・。でもまだ、離婚も親権も完全に決まったわけじゃないんでしょ?

OL  次が最後の裁判です。話し合いは・・もう意味がないです。

A   ・・・・。

OL  私には、お金があまりありません。

浮気の・・不倫の慰謝料も請求するって言われました。

・・・・。今日、仕事も辞めてきました。もう、なにをやっても親権はとれません。

A   えっ仕事辞めたの?

OL  はい。もう無理でした。不倫の事も会社の人たちが知っていました。旦那がやったんだと思います。

上司の方にも迷惑をかけてしまった。

私は、子供をひきとるために働きだしたのに辞めてしまった。どうして辞めてしまったんだろう。

みんなにどんな目で見られていても、続けていればよかったのかな。

何が子供の為で、何が私の為なのか、どうしたらよかったのか

これでいいのだと思う気持ちもあります。子供に向き合う自信がなかったのかもしれない。本当は逃げ出したかったのかもしれない。それを旦那のせいにしているだけかもしれない。

人を悪にしているのは私。

全部、旦那のせいにして、子供をおしつけて逃げている。

上司とのことだって、あわよくば、この人と結婚して最初からやり直そうとしてただけなのかもしれない。

全部なしにして、なかったことにして。

自分の人生なのに人に頼ってばっかりだ。

旦那が私の人生を支えてくれる。子供が私の人生の生きがいになってくれる。上司が私を救ってくれる。

自分の事なのに、人に任せてばかりだから、人のせいにして誰かを悪にして。

私は一体何なんだろう。何者にもなれなくて、何ができて、何をして、どうやって生きていけばいいのかわからない。

A   ・・・・・。

A   あれ、帰ってきた。

OL  ・・・店長さんに会いませんでした?

伊東  え?

OL  遅かったから店長さんが様子を見に行ったんですけど。

伊東  そうなんですか?

A   あーあ、入れ違っちゃったー

伊東  私みてきますね

A   いやいや、まて!よくない!一生すれ違うパターンだ!

伊東  えっ!一生!!?

A   そう!一生!

OL  待ってたほうがいいと思いますよ。

・・・・・・。

OL  えっっ!!!!

A   どうした!

OL  魚!店長さんの大事なサカナが!!

A   ・・・。ひっくりかえってるね。

OL  お、お、おなかを上にして浮いてますよ!!!

伊東  どうしたんでしょうね。

・・・・。

OL  どう?

伊東  死んでますね。

A   なに!

OL  どうします?どうします?どうしよう・・・。

A   どうしようって言ったって、どうしようもないじゃない。

OL  でも!このサカナは店長さんの大事なサカナなんですよ!これはダメですよ!!

伊東  私たちが思いで掘り返しちゃったばっかりですしね。まずいですよこれは。

A   でも、どうしようもないじゃない。

伊東  これはショックでお店辞めちゃうんじゃないですか?

OL  そんな!

A   そんなわけないでしょう。大人なんだからサカナが死んだくらいで。

OL  私たちでどうにかできないかしら?

A   どうにかって?

・・・・・・・・・・・・・・。

伊東  蘇生させてみましょう

OL  できるんですか?

・・・・・・・・・。

A   できんのんかい!

伊東  ネットで調べてみましょう

・・・・・・・。

伊東  私、携帯ないんだった

OL  私しらべます!知恵袋みてみましょう!

・・・・・。

A   あった?

OL  うーん。ちょっと待ってください。どうやって検索したらいいんだろう。

伊東  死んだ魚の蘇らせ方でいいんじゃないですか?

OL  そうか!

・・・・・・。

OL  あぁ!なんかこわいサイトばっかりでてきた!!

A   知恵袋はどうなったの

ОL  知恵袋はヒットしなかったんです。

A   どうすんのよ!早くしないとサカナの蘇生率がどんどん下がっていくよ!

伊東  店長さん戻ってきちゃうよ!

OL  どうすればいいのよー

伊東  私がやってみましょう

ОL  できるの?

伊東  ・・・・・。

А   できんのんかい!

伊東  やってみます

А   なにするの?

伊東  心臓マッサージです。

А   バカか!やめとけ!!

伊東  やってみないと分からないじゃないですか!

OL  かけてみましょう。だってどうせ死んでるんです。生き返るか死んだままかどっちかしかないんです。

А   そんなんで生き返るか!

伊東  ・・・よし!

А   えー。いや、知らないよー。

・・・・・・。

西   何やってるんですか?

А   ギャー!

西   どうかしましたか?

伊東  なんでもないです。

А   なんでもなくないよ!サカナ!死んでますよ!

伊東  なんてことを!

А   あんたがなんてことだよ!

OL  あの、気付いたらもうひっくり返ってて・・

西   あ、えーと

・・・・。

西   たぶん大丈夫ですよ。たまにひっくりかえって泳ぐんです。

伊東  えっ?

西   おーい、おきろー。あ、ほら、大丈夫。

А   あぶなかったー。

西   大丈夫ですよ。ご心配おかけしました。

А   大丈夫じゃないですよ。この人サカナを蘇生させようとしていましたよ。

伊東  済んだことはいいじゃないですか。

OL  とりあえずよかったです。サカナさん死んじゃったのかと思ってあせりました。

西   ご心配をおかけしちゃいましたね。

まぁ、この子けっこう長生きしてるのでいつ死んでもおかしくないですけどね。

А   サカナ死んじゃったらさみしいですか?

西   そうですね。もうお店やめちゃうかもしれません。

伊東  ・・・・。ほら。

А   なにがよ。どや顔すんな。

西   いつも私の話を聞いてくれてるサカナなのでこの子がいないとお店やっていけないなー。

・・・・・。

西   私、けっこう聞き役ばっかりなので。バーにくる方って話を聞いてほしい人が多いみたいなんです。

OL  そうかもしれませんね。

西   あ、何か飲まれますか?ごめんなさい、お店あけちゃって

А   いやいや、大丈夫ですよ。

OL  じゃぁ、わたしはそろそろ

А   え?帰るの?

OL  はい。

A   結局、どうするの?

OL  どうもしませんよ

A   このままでいいの?

OL  ・・・はい。・・失礼します。

A   えー。気になるじゃん。

OL  また、どこかでお会いできれば、お話しますね。

OLが出ていく。西が見送って帰ってくる。

A   あの人、よくこのお店にくるの??

西   いえ、きょう初めて来られましたよ。

A   どこかでってどこだろうね。

西   えっ?

A   どこかってどこで、いつかっていつなんだろうね。

みんなすぐそうやって無責任な言葉を言うよね。

西   あはは、そうかもしれませんね。また来ますってわざわざ言って帰るお客様は大抵もう来られないです。

A   なんでわざわざそんなウソついていくんだろうね。

西   ウソなわけじゃないと思うんですけどね、別れの挨拶みたいなものじゃないですか?

A   ふーん。

西   一期一会ですからね、この仕事は特に。

A   西さんがねーこの子探しに行ったとき、OLさんと二人で話てたんだけど、なんか離婚するらしいよ!

もめてるんだって!

伊東  私、帰らなきゃ。明日は、いや今日か。学校に行かなきゃいけないので。

A   え?

西   先輩はいいんですか?戻ってくるかもしれないですよ?

伊東  うん。いい。たぶん戻ってこない。帰っちゃったんですよ。多分。戻ってくると思いますか?

・・・・。

伊東  まぁいいんですどっちでも。待ってる義理もない。

西   帰れますか?お家はどこらへんなんですか?

伊東  湊駅のそばです。大丈夫です。もうすぐ始発の時間なので電車で帰れます。

ごめんなさい。お金は明日持ってきます。

私の判断はどう思いますか?

А   知らないわよ。私には関係ないでしょう。

伊東  なら、二度と私に意見しないでください。あなたには関係ないでしょう?

А   はーい。

友達戻ってくるんじゃないの?・・・・わからないけど。

伊東  でも私は二時間まった。帰ります。また学校で会えるし。

А   まだ始発には時間があるんじゃない?

西   なら私が送りますよ。湊駅のほうですよね。車なら15分ほどでつきます。

伊東  大丈夫です。

西   大丈夫ですよ。

お店ももう閉店ですので。Аさん、よろしければもう少しゆっくりして言ってください。帰るときはキッチンの子を呼んでください。

西と伊東が出ていく。

ひとり残ったАが金魚に話かける

А   金魚さん。きれいだね。

あんたはいつも何を思ってそこをおよいでるの?

みんないなくなっちゃったねー。

・・・・・・。

А   金魚さん、私の話もう少しきいてよー。彼氏の話きいてよー。

本当はね、私彼氏いないんだー。

私のこと、いいって言ってくれる人もいない。あれも嘘なんだー。

ドラマ見た?私全話みたよ。

なんか羨ましくなっちゃって。

そうだったらいいのになーって。楽しいなって思ったの。

ごめんね。全部うそなの。

いいな、みんな楽しそう。うらやましいな。

君はさ、毎日そこで、その中で、どうでもいい話とか、うその話とか、聞いてるんでしょ。

その中は楽しいか?

毎日ひとの話を聞くばっかりでたまには自分の話がしたくなたりしないの?

私に似てるね。

私も人の人生を聞いてばっかり、いつも見てるだけ

私には何もないよ。何も起きない。

頭もよくないし、裕福でもないし、ああそうだそんなに若くもない。

学歴もないし、彼氏もいないよ。

友達もいない。昔はいたけどね。

みんな忙しくなっちゃった。みんな結婚して子供産んで仕事して忙しいみたい。

私も忙しく過ごしたい。愚痴を言ったりしたいな。

結婚でもしようか?そうしたら私の人生なにかかわったりするの?君は結婚しないの?

・・・・・・・。

А   みんなどうやって結婚してるんだろうね。

運命の人が決まっていて、ある日突然出会ったりしちゃうんだろうか?

そしたら、私、素敵じゃない?ステキステーキじゃない?ステキステーキステッキじゃない?パないじゃない?じゃないじゃない?

飲み物もうないんだけど。

マスター!バーボンくださーい。

・・・・・・。

А   水割りをくださーい。涙の数だけー。じゃない?

みんな楽しそうでいいなー。

もっと話してたかったな。

ずっとここに居られたらいいのに。

・・・・・・・・・・。

(カランカランとドアが開く音)

А   あなた だれ?

end

・客入れ

A   そういえばあのギャルっぽい子は?きょうはいないの?いつもいるのに。

西   今日はお休みです。土日と祝日以外は私とキッチンの子だけです。

A   そうだっけー?平日は二人だけかー。

いいなー、バーテンダーって楽しそう。でも夜遅いから大変かー

ねえ、西さんはバーテンダーになる前はなにしてたの?

西   私ですか。大学でたあとに一年だけ会社に勤めてました。一年で辞めちゃいましたけど。

これでも営業してたんですよ。

А   なんの?

西   医療器具の営業です。市内の病院をまわってました。ナースって怖いですね。私には白衣の天使には見えませんでした。

А   えー、超意外―。白衣の天使じゃなかったらなんですか?

西   んー。白衣の怖い人

А   わーふつうー。おもしろいねー。

西   お仕事は何をされてるんですか?

A   わたしー?わたしはねーデザイン関係なのー。

西   なんのデザインですか?

A   服!Tシャツとかつくってる!

西   あ!モリフロッキー!

A   なにそれ?

西   あれ?知らないですか?モリフロッキー?

A   モリフロッキー・・・?

西   モリフロッキー・・・・。

・・・・。

A   あ、そうだ!そういえば家の近くにおしゃれなカフェ?みたいなパン屋さんができたんだけど、

西   はい。

A   毎日人がクソほど並んでる。どこから人って湧いてくるんだろうね。まえまで超閑散としてたのに。

総社ってこんなに人居たんだって思った。

西   なんていうお店ですか?

A   わかんない。なんか毎月タウン情報に掲載されてるらしいよ。

彼氏さんはそのお店に行きたいらしいんだけど、わたしは人が多すぎて行く気がしない。

西   あはは、わかります。

A   人がいなくなったら行こうと思うんだけど、いつのまにかなくなってたりして結局行かずじまいな気がする。

西   スイパラ現象ですね。

A   わかる!!スイパラ行けなかった!!www

西とAで好きに話しててOK。伊東は寝てる。OLは一人で飲んだり携帯見たり飲み物注文したり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする